スタッフブログ



ご夫婦部屋 随時受付中

2022年6月15日

こんにちは

 

ゆーじろーこと杉浦です。

 

ご夫婦部屋残り2室の空きです。

 

随時、入居受付中です。

 

 

 

長年連れ添う夫婦

 

 

過去こんなことがあった、あんなことがあった、とエピソードをお聞きします。

 

 

沢山のことを乗り越えて今を生きてきているんだなと人生を学びます。

 

 

私はまだ入居者様たちの人生の半分も生きていないと思うと

 

 

本当にこれからいろんなことがあるんだろうなと未来を考えてしまいますが

 

 

入居者様はこう仰ります「未来を考えて生きてきたわけではなく一日一日を必死に生きて結果が今にあるだけである」と。

 

 

 

 

 

 

Category:施設日記

written by Gracious Villa Anjo

事務員の昼食

2022年6月1日

相談員杉浦ことゆーじろーです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しく入社しております事務員2名の昼食です

 

 

 

 

 

 

GOOD!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え・・・?

 

 

 

・・・・。

 

 

 

Category:施設日記

written by Gracious Villa Anjo

母の日

2022年5月8日

こんにちは、ゆーじろーこと相談員杉浦です

 

アンパンマンの様に食べられています。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

ところで母の日ですね。

 

 

感謝を伝えるいい機会です。

 

 

 

 

 

 

毎回言うようですが、母に限らず

 

 

 

 

高度成長を支え大変な時代を生き抜いてきた高齢者の人たち

 

 

 

 

いま日本があるのは高齢者の人たちがあってのことなので、それを忘れてはいけませんね。

 

 

 

 

 

母の日は元々アメリカから来ているそうで、アメリカの少女が早くに母を亡くしたことをきっかけに

 

 

 

 

「生前に母に感謝を伝えるべきだった、皆さんもっと感謝を伝えるべきだ」と主張し、それがアメリカ全土へと広がりました。

 

 

 

 

それを知った当時の大統領 ウィルソン大統領が「第二日曜日を母の日にしよう」と制定したのがきっかけなんだそうです。

 

 

 

また、その母がカーネーションが好きだったことから、母の日にはカーネーションを送ることになったといわれています。

 

 

 

 

 

今日はLINEに「母の日」「母さん」と打つと画面が変わりますね。

 

 

 

 

ゆーじろー

Category:施設日記

written by Gracious Villa Anjo

鏡開き

2022年1月11日

ゆーじろーです。こんにちは。

 

 

本日は鏡開きで

 

 

神仏に感謝し、また無病息災などを祈りながらお餅をいただく日です。

 

 

なかなか施設でお餅を出すという事が難しいので残念なのですが。

 

 

鏡開きの「開き」を使われるのは「切る」は切腹を連想させ忌み嫌われていたからで

 

 

「鏡」は円満を意味し「開く」は末広がりを意味することからも縁起が良い言葉とされているそうです。

 

 

また今日は鏡開きだけではなく、樽酒の日でもあり樽酒の蓋を割って開けることも「鏡開き」と言われているそうです。

 

 

 

 

ゆーじろー

Category:施設日記

written by Gracious Villa Anjo

バーデン年頭挨拶

2022年1月9日

先日、リモートによる各部署の年頭あいさつを実施。

 

リモートって本当便利ですね。

 

なかなか一堂に会することないので、新鮮な気持ちです。

 

…ハートばっかり(笑)

 

Category:施設日記

written by Gracious Villa Anjo

一から作る門松

2021年12月30日

こんにちは、ゆーじろーです

 

 

 

 

 

 

途中からブログを見た人は「ゆーじろー」の意味が分からないと思います。

三河安城の石原裕次郎こと杉浦と名乗っていたのが、いつの間にか本名はなくなり

ゆーじろーとなりました。

 

ゆーじろーこと相談員杉浦です。改めて宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

もういくつ寝るとお正月ですね。

 

 

替え歌だけを覚えて本家の歌詞を忘れてしまい、老人ホームでは不適切な歌詞を覚えてしまっています。

 

 

 

 

ご覧の皆様、餅を食べる際は気をつけてください。

 

 

 

 

 

施設は毎年、竹を取るところから始まり、

 

 

いちから門松を作って入口に飾らせていただいております。

 

 

 

 

今年も感染症対策の件で本当大変な一年で…

 

みなさま、本当に一年有難うございました。

 

 

 

 

 

 

Category:施設日記

written by Gracious Villa Anjo

クリスマスの雰囲気を味わう

2021年12月26日

ゆーじろーです

 

 

 

 

 

クリスマス特別編

 

 

 

 

 

 

スタッフが撮った写真たちです

 

   

    

            

Category:施設日記

written by Gracious Villa Anjo

小雪と防寒対策

2021年11月24日

こんにちは、ゆーじろーです。

 

 

 

寒くなりましたね、小雪とか言いますけど

 

 

 

北海道は大雪だそうですね。

 

 

 

 

 

入居者さんは外のデイサービスに行かれる際には手袋を身につけるように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで防寒対策は

 

 

 

 

 

 

 

 

です。

Category:施設日記

written by Gracious Villa Anjo

立冬

2021年11月7日

こんにちは、ゆーじろーです

 

 

 

 

 

今日は立冬なんだそうです

 

 

 

 

そーですねー

 

 

 

 

段々冷え込んできましたねー

 

 

 

 

 

そーですねー

 

 

 

 

 

んなぁこたないよ

 

 

 

 

 

 

 

んなぁこたあるよ

 

 

 

 

 

 

施設ではインフルエンザの予防接種が始まっています

 

 

 

 

コロナの第6波も怖いですがインフルエンザにも十分に気をつけないといけません

 

 

 

 

たった一人かかってしまうと100名以上いる施設の入居者さまにも簡単に拡がってしまいます

 

 

 

 

コロナ感染予防に関しては

 

 

 

職員は定期のPCR検査、出勤時の検温・消毒入館も徹底しております。

 

 

 

 

またご理解とご協力いただいているご家族さまはじめ、関係者の皆さまには本当に感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

ところで

 

 

「雪やこんこん~♪」なんて歌っている人が多いですけども

 

 

 

実際は「雪やこんこ~♪」が正解で

 

 

 

この「こんこ」は「もっと降れ」という意味なんだそう。

 

 

 

 

この歌詞の間違いは滝廉太郎の曲と酷似していて、ごっちゃになってるのが原因なんて言われていますね

 

 

 

 

滝廉太郎が作った曲は1901年「雪やこんこん」

私たちが普段歌っている曲題は「雪」1911年 作詞作曲者不明

 

 

 

滝廉太郎が作った曲は1901年「鳩ぽっぽ」

私たちが良く歌うぽっぽっぽ~、はーとぽっぽ~♪は「鳩」1911年 作詞作曲者不明

 

 

 

 

遡ること明治前半になります。当時は子供向けの唱歌が少なかったようで

 

 

 

1890年当時の幼稚園唱歌というと

 

 

 

「心は猛く(たけく)」とっても硬く重々しい曲が多かったみたいで、

 

 

 

歌詞の内容は、勇ましく、力強く、敵に恐れず、みたいな内容・・・。

 

 

 

こういったものを歌っていたって言うんだからすごいですね。

 

 

 

やはり当時でもかなり評判が悪かったようで、

 

 

 

 

そんな中、1901年、滝廉太郎が22歳のころ作曲した「雪やこんこん」や「鳩ぽっぽ」が、たちまち子どもの中で人気になっていったそうです。

 

 

 

それからすぐして

 

 

自発的だったかどうかは定かではありませんが、少なくとも国から「ドイツで音楽を勉強して来い」と言われたことは間違いないようで

 

 

同年1901年に滝廉太郎は単身ドイツに留学、

 

 

 

その後たった5ヶ月で結核を患い、帰国の翌年1903年、若干23歳の若さで亡くなります。

 

 

 

 

そして数年後の1911年文部省により発表された、今私たちが普段耳にしている歌が「雪」「鳩」なわけです。

 

 

 

 

亡くなる数カ月前の最後に書いた曲が「憾」という

 

 

 

 

自分に対しての無念の思いなのか、滝廉太郎の中でも数少ないピアノ曲を作られております。

 

 

 

 

いずれにせよ、滝廉太郎の功績は間違いなく大きいものだったに違いありません。

 

 

裕次郎

Category:施設日記

written by Gracious Villa Anjo

防災訓練

2021年10月2日

こんにちは、ゆうじろうです。

 

 

 

 

先日、防災訓練を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓皆が注目している中、私が通報係に任命

 

 

 

 

 

 

 

 

アドリブで色々言わなくてはならず、

 

 

 

 

 

 

消防士「火災はどういった状況ですか?」

 

 

 

 

 

 

 

煉獄が炎柱になって鬼がねずこで〇?△#×◎■・・・・

 

 

 

 

 

 

訳の分からない事を言いそうになり・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段やらないことをやる。練習する。備える。って

 

 

 

大事だなと思いました

 

 

 

 

 

 

 

ゆうじろうこと杉浦

Category:施設日記

written by Gracious Villa Anjo